社会保険労務士の年収について

社会保険労務士は、年金や企業における労働安全衛生面でのプロフェッショナルです。

そのため、企業などと顧問契約を結んで活動する社会保険労務士は
安定した顧問料などの収入があるため、比較的収入面においては安定すると言えます。


企業などでその組織人として活動する場合には、
組織の枠内での活動になりますので、その組織から給料の形で支給されますから、
一般的なサラリーマンよりは少し高いぐらいの年収は見込めると考えても問題はないでしょう。


社労士は受験資格がほとんどないため()国家資格の中では非常に人気の高い資格と言えます。
社労士の受験資格.netを参照してみてください。


独立している社労士の場合は、独立したての場合は専属で契約しているところも
まだまだ少ないために、それほど多くの収入を見込めることは少ないと考えられます。


ただし、営業努力などにより少しずつ顧客を獲得していければ年収もそれに応じて上がると見込まれます。

社会保険労務士がすでに開業しているところで雇用される場合は
当然ですが開業、経営者よりはその年収は少なくなります。


そのため、開業を目指す前に実務経験を積むこととその間の収入を
安定的に得るために雇用されるという考えはあります。


また、最近では病気や怪我により仕事ができないときなどのために、
障害年金を請求することができる場合があることが徐々に知られてきています。


そのため、そうした障害年金に特化して受け付ける社労士事務所も増えています。

成功報酬のみでそれ以外は事務手数料程度だけという事務所も多くありますが、
この場合はある程度のノウハウがないと、
障害年金が支給されなければ報酬ももちろんありませんから、難しい判断になると言えます。